HOME

 研究紹介

 研究業績

 メンバー

 研究室配属を
    希望する方へ

 ニュース・更新情報

 イベント情報

 写真館

 卒業生と進路

 リンク

 English

 内部情報


 大矢研ニュース・更新情報


 2017年
2017年
9月11日
研究業績を更新しました。
11th International Symposium on Atomic Level Characterizations for New Materials and Devices '17 (ALC '17) (12月3日〜12月8日)にて研究発表を行います。

Y. Ikezoe and T. Oya, "Study of carbon-nanotube-composite papers aiming to materialize 'paper antenna' for IoT," 11th International Symposium on Atomic Level Characterizations for New Materials and Devices '17 (ALC '17), (Kauai, HI, U.S.A.), Dec., 2017.
2017年
8月31日
研究業績を更新しました。
2017 MRS Fall Meeting & Exhibit (11月26日〜12月1日)にて研究発表を行います。大矢研 国際会議デビュー歴代最速記録更新!

R. Arakaki, K. Kawata, H. Kitamura, H. Shimizu*, K. Ishii* and T. Oya, "Development of 'Thermoelectric Power Generating Threads' Based on Carbon-Nanotube-Composite Threads," 2017 MRS Fall Meeting & Exhibit, (Boston, U.S.A.), Nov., 2017. [* Textile Research Institute of Gunma, Japan (群馬県繊維工業試験場)]

2017年
8月21日
研究業績を更新しました。
The 30th International Microprocesses and Nanotechnology Conference (MNC 2017) (2017年11月6日〜9日開催)にて研究発表を行います。

T. Tanabe and T. Oya, "Design of Multi-Layer Single-Electron Information-Processing Circuit for Nonlinear Problem Mimicking Foraging Behavior of Honeybees," the 30th International Microprocesses and Nanotechnology Conference (MNC 2017), (Jeju, Korea), Nov., 2017.

W. Zheng, F. Maehara, and T. Oya, "Study of Unique Neural Network on Pulse Signal Generating and Propagating Medium ," the 30th International Microprocesses and Nanotechnology Conference (MNC 2017), (Jeju, Korea), Nov., 2017.

2017年
7月26日
業績を更新しました。
イノベーション・ジャパン(2017年8月31日〜9月1日開催)にて研究成果展示を行います。

大矢剛嗣, "カーボンナノチューブと身近な材料の複合材が開く未来," イノベーション・ジャパン2017, (東京), 2017年8月.

展示ブース #N-18

2017年
7月7日
研究業績を更新しました。

東京理科大学との共同研究にて得られた成果をまとめた論文について、日本表面科学会から奨励賞を授与されました!

M. Ito*, Y. Homma*, M. Akiba and T. Oya, "Artifact-Metrics Using Photoluminescence Imaging of Single-Walled Carbon Nanotube Composite Paper" (e-Journal of Surface Science and Nanotechnology, vol. 14, pp. 185-188 (2016)), SSSJ Young Researcher Award, 2017. [*Tokyo Univ. of Science]

2017年
6月29日
研究業績を更新しました。
第78回2017年応用物理学会秋季学術講演会 (2017年9月5日〜8日開催)にて研究発表を行います。

尾形勇耶, 大矢剛嗣, "カーボンナノチューブ複合紙による色素増感型太陽電池の変換効率向上に向けた電解液の検討," 第78回2017年応用物理学会秋季学術講演会, (福岡), 2017年9月.

川田 一貴, 大矢剛嗣, "カーボンナノチューブ複合紙を用いた「熱電発電紙」のn型ドーピングに関する検討," 第78回2017年応用物理学会秋季学術講演会, (福岡), 2017年9月.

田鍋俊彦, 大矢剛嗣, "ミツバチの採餌行動を模倣した多層単電子情報処理回路の構築," 第78回2017年応用物理学会秋季学術講演会, (福岡), 2017年9月.


池添雄貴, 大矢剛嗣, "カーボンナノチューブ複合紙によるIoT向け紙アンテナの開発," 第78回2017年応用物理学会秋季学術講演会, (福岡), 2017年9月.

北村隼人, 大矢剛嗣, "糸トランジスタの性能向上に向けたカーボンナノチューブ複合糸の新たな作製方法の検討," 第78回2017年応用物理学会秋季学術講演会, (福岡), 2017年9月.

2017年
5月8日
研究業績を更新しました。
The biannual International Conference on Molecular Electronics and Bioelectronics (M&BE9) (2017年6月26日〜28日開催)にて研究発表を行います。

T. Tanabe, T. Oya, "Design of single-molecule information-processing circuit mimicking foraging and information sharing behaviors of honeybees," The biannual International Conference on Molecular Electronics and Bioelectronics (M&BE9), (Kanazawa, Japan), Jun., 2017.

2017年
4月25日
研究業績を更新しました。
The 2017 Silicon Nanoelectronics Workshop (SNW) (2017年6月4日〜5日開催)にて研究発表を行います。

T. Oya and T. Shinada*, "Design of majority logic gate for single-dopant device," The 2017 Silicon Nanoelectronics Workshop (SNW), (Kyoto, Japan), Jun., 2017. [* Tohoku Univ.]

2017年
4月3日
新4年生が5名配属されました!

2017年
3月24日
研究業績を更新しました。
川田君の論文が Japanese Journal of Applied Physicsに採択されました!

K. Kawata and T. Oya, "Development and evaluation of "thermoelectric power generating paper" using carbon nanotube-composite paper," Japanese Journal of Applied Physics, (2017), in press.

2017年
3月6日
研究業績を更新しました。
The 2017 E-MRS Spring Meeting and Exhibit (2017年5月22日〜26日)にて研究発表を行います。

Y. Ogata, T. Oya, "Study of paper dye-sensitized solar cell using carbon nanotube-composite papers  and aiming to improve its conversion efficiency," The 2017 E-MRS Spring Meeting and Exhibit, (Strasbourg, France), May, 2017.

K. Kawata, T. Oya, "Improvement of power generating ability of "thermoelectric power generating paper" using carbon-nanotube-composite paper," The 2017 E-MRS Spring Meeting and Exhibit, (Strasbourg, France), May, 2017.

Y. Ikezoe, T. Oya, "Development of 'paper antenna' using carbon-nanotube-composite paper," The 2017 E-MRS Spring Meeting and Exhibit, (Strasbourg, France), May, 2017.

H. Kitamura, H. Shimizu*, K Ishii*, T. Oya, "Development of 'thread transistors' based on carbon-nanotube-composite threads and aiming to construct 'thread circuits'," The 2017 E-MRS Spring Meeting and Exhibit, (Strasbourg, France), May, 2017. [* Textile Research Institute of Gunma]

2017年
3月2日
研究業績を更新しました。
田鍋君の論文が Japanese Journal of Applied Physicsに採択されました!

T. Tanabe and T. Oya, "Study of Single-electron Information-processing Circuit Mimicking Foraging Behavior of Honeybee Swarm," Japanese Journal of Applied Physics, (2017), in press.

2017年
3月2日
研究業績を更新しました。
(株)情報機構 セミナー(2017年5月31日開催)にて研究紹介を行います。

大矢剛嗣, "<速習セミナー>カーボンナノチューブの機能と各種応用," (株)情報機構 セミナー, (東京), 2017年5月.

2017年
3月2日
研究業績を更新しました。
第64回2017年応用物理学会春季学術講演会 (2017年3月14日〜17日開催)にて研究発表を行います。

尾形勇耶, 大矢剛嗣, "カーボンナノチューブ複合紙による色素増感型太陽電池のグリッド電極導入による変換効率向上," 2017年 第64回応用物理学会春季学術講演会, (神奈川), 2017年3月.

川田 一貴, 大矢剛嗣, "カーボンナノチューブ複合紙による「熱電発電紙」の発電性能向上に関する検討," 2017年 第64回応用物理学会春季学術講演会, (神奈川), 2017年3月.

田鍋俊彦, 大矢剛嗣, "ミツバチの餌探索と情報共有行動を模倣した単電子回路の設計," 2017年 第64回応用物理学会春季学術講演会, (神奈川), 2017年3月.


阿部祐吾, 大矢剛嗣, "コウモリに学ぶ単電子情報処理回路," 2017年 第64回応用物理学会春季学術講演会, (神奈川), 2017年3月.

池添雄貴, 大矢剛嗣, "カーボンナノチューブ複合紙による"紙アンテナ"の開発," 2017年 第64回応用物理学会春季学術講演会, (神奈川), 2017年3月.

石橋 萌, 大矢剛嗣, "心筋細胞に学ぶ自動同期単電子回路," 2017年 第64回応用物理学会春季学術講演会, (神奈川), 2017年3月.

橘 孝祐, 大矢剛嗣, "カーボンナノチューブ複合紙による人工物メトリクスの認証精度向上," 2017年 第64回応用物理学会春季学術講演会, (神奈川), 2017年3月.

北村隼人, 大矢剛嗣, "カーボンナノチューブ複合糸による糸トランジスタの性能向上のための新構造検討," 2017年 第64回応用物理学会春季学術講演会, (神奈川), 2017年3月.

 2016年
2016年
11月15日
研究業績を更新しました。
13th International Conference on Nanotek and Expo (Nanotek 2016) (2016年12月5日〜7日開催)にて研究発表を行います。

Y. Matsunaga and T. Oya, "Development of paint-type dye-sensitized solar cell using carbon-nanotube-paint and evaluation of its painted electrodes for efficient power generation," 13th International Conference on Nanotek and Expo (Nanotek 2016), (Phoenix, U.S.A.), Dec., 2016.

2016年
10月5日
研究業績を更新しました。
SEMICON JAPAN(マイクロエレクトロニクス国際展示会)(2016年12月14日〜16日開催)にてセミナーでの研究紹介および期間中の研究成果展示を行います。

大矢剛嗣, "紙とカーボンナノチューブの複合材――カーボンナノチューブ複合紙――の開発とそのエレクトロニクス応用," SEMICON JAPAN アカデミアセッション(アカデミア@GAKKO), (東京), 2016年12月.

展示ブース #1129


2016年
9月23日
研究業績を更新しました。
第7回分子アーキテクトニクス研究会(2016年10月20日〜21日開催)にて研究発表を行います。

稲垣忠光, 大矢剛嗣, "カーボンナノチューブ複合紙の作製と電磁波シールドへの応用," 第7回分子アーキテクトニクス研究会, (福岡), 2016年10月.

里見航汰, 浅井哲也*, 大矢剛嗣, "粘菌の挙動を模倣した情報処理手法の粗粒デバイスへの実装検討," 第7回分子アーキテクトニクス研究会, (福岡), 2016年10月. [* 北海道大学]

高野 誠, 浅井哲也*, 大矢剛嗣, "単電子連想記憶回路の設計と粗粒デバイスへの応用検討," 第7回分子アーキテクトニクス研究会, (福岡), 2016年10月. [* 北海道大学]

松井洸樹, 大矢剛嗣, "カーボンナノチューブ複合紙を用いた紙トランジスタの開発," 第7回分子アーキテクトニクス研究会, (福岡), 2016年10月.

北村隼人, 吉田将俊, 大矢剛嗣, "カーボンナノチューブ複合糸の開発と“糸トランジスタ”への応用展開," 第7回分子アーキテクトニクス研究会, (福岡), 2016年10月.

2016年
9月20日
研究業績を更新しました。
2016 MRS Fall Meeting & Exhibit (11月27日〜12月2日)にて研究発表を行います。

T. Inagaki and T. Oya, "Development of stacking-type electromagnetic shielding ‘paper’ using carbon-nanotube-composite papers," 2016 MRS Fall Meeting & Exhibit, (Boston, U.S.A.), Nov., 2016

Y. Ogata and T. Oya, "Study of paper dye-sensitized solar cell using carbon nanotube-composite papers and aiming to improve its conversion efficiency," 2016 MRS Fall Meeting & Exhibit, (Boston, U.S.A.), Nov., 2016.

2016年
9月5日
研究業績を更新しました。
Applied Nanotechnology and Nanoscience International Conference (ANNIC 2016) (2016年11月9日〜11日開催)にて研究発表を行います。

M. Takano and T. Oya, "Study of performance improvement of single-electron associative memory circuit," Applied Nanotechnology and Nanoscience International Conference (ANNIC 2016), (Barcelona, Spain), Nov., 2016.

2016年
8月10日
研究業績を更新しました。
The 29th International Microprocesses and Nanotechnology Conference (MNC 2016) (2016年11月8日〜11日開催)にて研究発表を行います。

K. Satomi and T. Oya, "Design of Slime-mold-inspired Multi-layered Single-electron-circuit," the 29th International Microprocesses and Nanotechnology Conference (MNC 2016), (Kyoto, Japan), Nov., 2016.

K. Kawata and T. Oya, "Thermal Response Evaluation of Carbon-nanotube-composite Paper for 'Thermoelectric Power Generation Paper' ," the 29th International Microprocesses and Nanotechnology Conference (MNC 2016), (Kyoto, Japan), Nov., 2016.

T. Tanabe and T. Oya, "Study of Single-electron Information-processing Circuit Mimicking Foraging Behavior of Honeybee Swarm," the 29th International Microprocesses and Nanotechnology Conference (MNC 2016), (Kyoto, Japan), Nov., 2016.

2016年
6月28日
研究業績を更新しました。
第77回2016年応用物理学会秋季学術講演会 (2016年9月13日〜16日開催)にて研究発表を行います。

稲垣忠光, 大矢剛嗣, "電磁波シールド用カーボンナノチューブ複合紙の強化とシールド性能評価," 2016年 第77回応用物理学会秋季学術講演会, (新潟), 2016年9月.

里見航汰, 大矢剛嗣, "粘菌の挙動を模倣した多層単電子情報処理回路の設計," 2016年 第77回応用物理学会秋季学術講演会, (新潟), 2016年9月.

高野 誠, 大矢剛嗣, "単電子階層型ニューラルネットワーク回路への展望," 2016年 第77回応用物理学会秋季学術講演会, (新潟), 2016年9月.


松井洸樹, 大矢剛嗣, "カーボンナノチューブ複合紙を用いた紙トランジスタのn型ドーピングに関する検討," 2016年 第77回応用物理学会秋季学術講演会, (新潟), 2016年9月.

松永悠樹, 大矢剛嗣, "カーボンナノチューブ塗料を用いた塗工型色素増感太陽電池のフィルファクター向上検討," 2016年 第77回応用物理学会秋季学術講演会, (新潟), 2016年9月.

川田一貴, 大矢剛嗣, "熱電発電紙向けカーボンナノチューブ複合紙の熱応答評価," 2016年 第77回応用物理学会秋季学術講演会, (新潟), 2016年9月.

田鍋俊彦, 大矢剛嗣, "ミツバチの採餌行動を模倣した単電子回路の構築," 2016年 第77回応用物理学会秋季学術講演会, (新潟), 2016年9月.

2016年
4月1日
新4年生が5名配属され、研究生 馬君がメンバーに加わりました!

2016年
3月14日
研究業績を更新しました。
高野君の論文が International Journal of Parallel, Emergent and Distributed Systemsに採択されました!

M. Takano, T. Asai*, and T. Oya, "Design and evaluation of single-electron associative memory circuit," International Journal of Parallel, Emergent and Distributed Systems, (2016), in press. [*Hokkaido Univ.]

2016年
2月23日
研究業績を更新しました。
the 2016 TechConnect World Innovation Conference and Expo (5月22日〜5月25日)にて研究発表を行います。

K. Kawata and T. Oya, "Development of 'thermoelectric power generating paper' using carbon-nanotube-composite paper," the 2016 TechConnect World Innovation Conference and Expo, (Washington D.C., U.S.A.), May, 2016.
T. Tanabe and T. Oya, "Design of new single-electron information-processing circuit mimicking behavior of swarm of honeybees," the 2016 TechConnect World Innovation Conference and Expo, (Washington D.C., U.S.A.), May, 2016.

2016年
1月27日
研究業績を更新しました。
平島君の論文が Japanese Journal of Applied Physicsに採択されました!

R. Hirashima and T. Oya, "Design of Thermal-Noise-Harnessing Single-Electron Circuit for Efficient Signal Propagation," Japanese Journal of Applied Physics, (2016), in press.

2016年
1月15日
研究業績を更新しました。
第63回2016年応用物理学会春季学術講演会 (2016年3月19日〜22日開催)および、電子情報通信学会 電子デバイス研究会/シリコン材料・デバイス研究会(2016年3月3日〜4日)にて研究発表を行います。

稲垣忠光, 大矢剛嗣, "カーボンナノチューブ複合紙による電磁波シールドの遠方界性能向上," 2016年 第63回応用物理学会春季学術講演会, (東京), 2016年3月.

里見航汰, 大矢剛嗣, "粘菌の挙動を模倣した単電子情報処理回路の設計," 2016年 第63回応用物理学会春季学術講演会, (東京), 2016年3月.

高野 誠, 大矢剛嗣, "熱雑音導入による単電子連想記憶回路の性能向上の検討," 2016年 第63回応用物理学会春季学術講演会, (東京), 2016年3月.


松井洸樹, 大矢剛嗣, "クラウンエーテルを用いた半導体型カーボンナノチューブ複合紙のn型ドーピング," 2016年 第63回応用物理学会春季学術講演会, (東京), 2016年3月.

松永悠樹, 大矢剛嗣, "塗工型色素増感太陽電池向けカーボンナノチューブ塗料の改良," 2016年 第63回応用物理学会春季学術講演会, (東京), 2016年3月.

片山 亮, 大矢剛嗣, "単電子畳み込みニューラルネットワーク回路," 2016年 第63回応用物理学会春季学術講演会, (東京), 2016年3月.

川田一貴, 稲垣忠光, 大矢剛嗣, "カーボンナノチューブ複合紙による”熱電発電紙”の開発," 2016年 第63回応用物理学会春季学術講演会, (東京), 2016年3月.

田鍋俊彦, 大矢剛嗣, "ミツバチに学ぶ単電子情報処理," 2016年 第63回応用物理学会春季学術講演会, (東京), 2016年3月.

藤原孝史, 大矢剛嗣, "カーボンナノチューブ複合紙による色素増感太陽電池紙の効率向上検討," 2016年 第63回応用物理学会春季学術講演会, (東京), 2016年3月.

前原史雄, 大矢剛嗣, "パルス発生・伝搬場による情報処理," 電子情報通信学会 電子デバイス研究会/シリコン材料・デバイス研究会, (札幌), 2016年3月.

 2015年
2015年
10月13日
研究業績を更新しました。
第6回分子アーキテクトニクス研究会(2015年10月23日〜24日開催)にて研究発表を行います。

高野 誠, 浅井哲也*, 大矢剛嗣, "連想記憶ニューラルネットワークの粗粒デバイスへの応用検討," 第6回分子アーキテクトニクス研究会, (京都), 2015年10月. [* 北海道大学]

2015年
8月21日
研究業績を更新しました。
2015 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA2015) (2015年12月1日〜4日開催)にて研究紹介(招待講演)を行います。

T. Oya, "Novel Functional Nonlinear Nanodevices," 2015 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA2015), (Hong Kong, China), Dec., 2015, (Invited).

2015年
8月11日
研究業績を更新しました。
The 28th International Microprocesses and Nanotechnology Conference (MNC 2015) (2015年11月10日〜13日開催)にて研究発表を行います。

R. Hirashima, T. Oya, "Design of Thermal-noise-harnessing Single-electron Circuit for Efficient Signal Propagation," the 28th International Microprocesses and Nanotechnology Conference (MNC 2015), (Toyama, Japan), Nov., 2015.

2015年
6月23日
研究業績を更新しました。
第76回2015年秋季応用物理学関係連合講演会 (2015年9月13日〜16日開催)にて研究発表を行います。

浜名良樹, 大矢剛嗣, "軍隊ガニの挙動に学ぶ信号入力位置自在な単電子論理回路の構築," 2015年 第76回応用物理学会秋季学術講演会, (名古屋), 2015年9月.

平島 諒, 大矢剛嗣, "熱雑音による単電子信号伝送の高速化と評価," 2015年 第76回応用物理学会秋季学術講演会, (名古屋), 2015年9月.

吉田将俊, 大矢剛嗣, "新作製方法による染色型カーボンナノチューブ複合糸を用いた糸トランジスタの性能向上," 2015年 第76回応用物理学会秋季学術講演会, (名古屋), 2015年9月.

稲垣忠光, 大矢剛嗣, "カーボンナノチューブ複合紙による電磁波シールドの遠方界性能評価," 2015年 第76回応用物理学会秋季学術講演会, (名古屋), 2015年9月.

里見航汰, 大矢剛嗣, "単電子粘菌回路の設計," 2015年 第76回応用物理学会秋季学術講演会, (名古屋), 2015年9月.

高野 誠, 大矢剛嗣, "単電子箱による連想記憶回路の設計," 2015年 第76回応用物理学会秋季学術講演会, (名古屋), 2015年9月.

松井洸樹, 浜名良樹, 大矢剛嗣, "半導体型カーボンナノチューブの高純度化による紙トランジスタの性能向上," 2015年 第76回応用物理学会秋季学術講演会, (名古屋), 2015年9月.

松永悠樹, 大矢剛嗣, "塗工型色素増感太陽電池向けカーボンナノチューブ塗料の性能向上検討," 2015年 第76回応用物理学会秋季学術講演会, (名古屋), 2015年9月.

2015年
5月28日
研究業績を更新しました。
The 3rd Bilateral Italy-Japan Seminar of Silicon Nanoelectronics for Advanced Applications(2015年6月16日)にて招待講演を行います。

T. Oya and T. Asai*, "Emerging computation on single electron circuits and devices," The 3rd Bilateral Italy-Japan Seminar of Silicon Nanoelectronics for Advanced Applications, (Kyoto, Japan), Jun., 2015, (Invited). [* Hokkaido Univ.]

2015年
5月18日
研究業績を更新しました。
The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2015 (Pacifichem 2015) (2015年12月15日〜12月20日)にて研究発表を行います。

Y. Hamana, T. Asai*, T. Oya, "Design of new logic circuit mimicking soldier crab ball gate for single-molecule device," The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2015 (Pacifichem 2015), (Hawaii, U.S.A.), Dec., 2015. [*Hokkaido Univ.]

R. Hirashima, T. Asai*, T. Oya, "Design of thermal-noise-harnessing neuromorphic nano-electronic circuit based on axon of neuron for single-molecule device," The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2015 (Pacifichem 2015), (Hawaii, U.S.A.), Dec., 2015. [*Hokkaido Univ.]

M. Takano, T. Asai*, T. Oya, "Design of nano-electronic neural-network associative memory circuit for single-molecule devices," The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2015 (Pacifichem 2015), (Hawaii, U.S.A.), Dec., 2015. [*Hokkaido Univ.]


K. Satomi, T. Asai*, T. Oya, "Design of single-electron 'slime mold' circuit for single-molecule device," The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2015 (Pacifichem 2015), (Hawaii, U.S.A.), Dec., 2015. [*Hokkaido Univ.]

K. Matsui, T. Oya, "Construction of unique logic circuits using carbon-nanotube-composite papers," The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2015 (Pacifichem 2015), (Hawaii, U.S.A.), Dec., 2015.

Y. Matsunaga, T. Oya, "Development of paint-type dye-sensitized solar cell using carbon nanotube paint and its evaluation," The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2015 (Pacifichem 2015), (Hawaii, U.S.A.), Dec., 2015.

2015年
5月1日
研究業績を更新しました。
14th International Conference on Unconventional and Natural Computation(UCNC2015) (2015年8月31日〜9月4日)にて研究発表を行います。

M. Takano, T. Asai*, T. Oya, "Design of nano-electronic neural-network associative memory circuit," 14th International Conference on Unconventional and Natural Computation(UCNC2015), (Auckland, New Zealand), Aug., 2015. [*Hokkaido Univ.]

K. Satomi, T. Asai*, T. Oya, "Design of slime-mold-inspired single-electron circuit," 14th International Conference on Unconventional and Natural Computation(UCNC2015), (Auckland, New Zealand), Aug., 2015. [*Hokkaido Univ.]

2015年
4月1日
新4年生が5名配属され、研究生 鄭君がメンバーに加わりました!

2015年
3月3日
研究業績を更新しました。
The 2015 E-MRS Spring Meeting and Exhibit (2015年5月11日〜15日)にて研究発表を行います。

K. Matsui, T. Oya, "Development of “paper transistor” using carbon-nanotube-composite papers and its application to logic circuits," The 2015 E-MRS Spring Meeting and Exhibit, (Lille, France), May, 2015.

Y. Matsunaga, T. Oya, "Development of “paint-type dye-sensitized solar cells” using carbon nanotubes for paper/sheet devices," The 2015 E-MRS Spring Meeting and Exhibit, (Lille, France), May, 2015.

2015年
2月9日
研究業績を更新しました。
東京理科大学 学内研究会「平成26年度 ナノカーボン研究部門/先進複合材料工学研究会 合同研究会」 (2015年3月17日)にて研究紹介(招待講演)を行います。

大矢剛嗣, "カーボンナノチューブと和紙の複合材料−カーボンナノチューブ複合紙−とその応用展開," 平成26年度 ナノカーボン研究部門/先進複合材料工学研究会 合同研究会(東京理科大学 学内研究会), (東京), 2015年3月, (招待講演).

2015年
1月15日
研究業績を更新しました。
第62回2015年春季応用物理学関係連合講演会 (2015年3月11日〜14日開催)にて研究発表を行います。

浜名良樹, 大矢剛嗣, "軍隊ガニの挙動に学ぶ単電子論理回路の構造検討," 2015年 第62回応用物理学会春季学術講演会, (平塚), 2015年3月.

平島 諒, 大矢剛嗣, "熱雑音を利用する神経細胞軸索の単電子回路化と評価," 2015年 第62回応用物理学会春季学術講演会, (平塚), 2015年3月.

吉田将俊, 大矢剛嗣, "カーボンナノチューブ複合糸を用いた糸トランジスタの構造検討," 2015年 第62回応用物理学会春季学術講演会, (平塚), 2015年3月.

稲垣忠光, 大矢剛嗣, "カーボンナノチューブ複合紙による熱電発電デバイスの開発," 2015年 第62回応用物理学会春季学術講演会, (平塚), 2015年3月.

里見航汰, 大矢剛嗣, "細胞性粘菌に学ぶ単電子情報処理回路," 2015年 第62回応用物理学会春季学術講演会, (平塚), 2015年3月.

高野 誠, 大矢剛嗣, "単電子連想記憶回路の設計," 2015年 第62回応用物理学会春季学術講演会, (平塚), 2015年3月.


松井洸樹, 浜名良樹, 大矢剛嗣, "相補型ペーパートランジスタの開発," 2015年 第62回応用物理学会春季学術講演会, (平塚), 2015年3月.

松永悠樹, 大矢剛嗣, "カーボンナノチューブ塗料による塗工型色素増感太陽電池の高効率化," 2015年 第62回応用物理学会春季学術講演会, (平塚), 2015年3月.

2015年
1月7日
研究業績を更新しました。
1月25日昼11時半〜12時 放映(1月31日昼10時半〜11時 再放送)のガリレオX(BSフジ)に出演・研究紹介を行います。大矢准教授と学生がTV番組に出演!

BSフジ ガリレオX, "#93 スゴイ!和紙の底力 1300年の伝統技術とその可能性," 2015年1月25日放送, 1月31日再放送.

※2014年11月に「手漉き和紙技術」がユネスコの無形文化遺産に
登録されたことに関連し、「和紙」にスポットを当てた特集番組で、和紙とテクノロジーの
融合例として、本研究室の「カーボンナノチューブ複合紙」の研究紹介等を行いました。

 2014年
2014年
12月8日
研究業績を更新しました。

秋場君が2014 MRS Fall Meeting & ExhibitにてPoster Awardを受賞しました!(大矢研としては第1号の受賞!

M. Akiba and T. Oya, "Optimization of Authentication-key Generation from Carbon-nanotube Composite Paper for New Artifactmetrics System and Its Evaluation," Poster Award: 2014 MRS Fall Meeting & Exhibit, (Boston, U.S.A.), Dec., 2014.

2014年
11月13日
研究業績を更新しました。
第5回分子アーキテクトニクス研究会 (2014年11月25-26日)にて研究発表を行います。

大矢剛嗣, 浅井哲也*, "ニューラルネットワーク動作をするBelousov-Zhabotinsky反応," 第5回分子アーキテクトニクス研究会, (大阪), 2014年11月. [* 北海道大学大学院情報科学研究科]

2014年
11月4日
研究業績を更新しました。
(株) 技術情報協会セミナー「GHz帯向け電磁波吸収体の材料設計・性能評価」 (2015年1月13日)にて研究紹介(招待講演)を行います。

大矢剛嗣, "和紙なのに電磁波シールド!? 〜カーボンナノチューブ複合紙とその応用〜," (株) 技術情報協会セミナー「GHz帯向け電磁波吸収体の材料設計・性能評価」, (東京), 2015年1月, (招待講演).
http://www.gijutu.co.jp/doc/s_501211.htm

2014年
10月8日
研究業績を更新しました。
8th International Conference on Bio-inspired Information and Communications Technologies(BICT 2014) (12月1日〜12月3日)にて研究発表を行います。

H. Otake, K. Ishimura*, T. Asai*, and T. Oya, "Signal Amplification by Circular Single-Electron Oscillator Network with Stochastic Resonance," 8th International Conference on Bio-inspired Information and Communications Technologies(BICT 2014), (Boston, U.S.A.), Dec., 2014. [* Hokkaido Univ.]

2014年
9月2日
研究業績を更新しました。
2014 MRS Fall Meeting & Exhibit (11月30日〜12月5日)にて研究発表を行います。

M. Akiba and T. Oya, "Optimization of Authentication-key Generation from Carbon-nanotube Composite Paper for New Artifactmetrics System and Its Evaluation," 2014 MRS Fall Meeting & Exhibit, (Boston, U.S.A.), Dec., 2014.

B. Li and T. Oya, "New Type of Electromagnetic Shielding Sheets Using Carbon-Nanotube-Composite Paper," 2014 MRS Fall Meeting & Exhibit, (Boston, U.S.A.), Dec., 2014.

M. Yoshida and T. Oya, "Development of new mechanical sensor by using “thread transistor” based on carbon-nanotube-composite-thread," 2014 MRS Fall Meeting & Exhibit, (Boston, U.S.A.), Dec., 2014.

2014年
6月25日
研究業績を更新しました。
第75回応用物理学会秋季学術講演会 (2014年9月17日〜20日開催)にて研究発表を行います。

秋場 誠, 大矢剛嗣, "カーボンナノチューブ複合紙を用いた人工物メトリクス認証の高精度化," 2014年 第75回応用物理学会秋季学術講演会, (札幌), 2014年9月.

井口広大, 大矢剛嗣, "カーボンナノチューブ複合紙によるバックコンタクト型色素増感太陽電池の開発," 2014年 第75回応用物理学会秋季学術講演会, (札幌), 2013年9月.

大竹央将, 石村憲意*, 浅井哲也*, 大矢剛嗣, "環状単電子振動子アレイにおける確率共鳴," 2014年 第75回応用物理学会秋季学術講演会, (札幌), 2014年9月. [* 北海道大学大学院情報科学研究科]


小尾勇志, 大矢剛嗣, "単電子蟻情報処理回路の応用検討," 2014年 第75回応用物理学会秋季学術講演会, (札幌), 2014年9月.

李 搏决, 大矢剛嗣, "カーボンナノチューブ複合紙を用いた新電磁波シールド構造と評価(3)," 2014年 第75回応用物理学会秋季学術講演会, (札幌), 2014年9月.

M名良樹, 今野和樹, 大矢剛嗣, "軍隊ガニの挙動に学ぶ単電子論理回路の設計," 2014年 第75回応用物理学会秋季学術講演会, (札幌), 2014年9月.


平島 諒, 大矢剛嗣, "熱雑音を利用するニューロン構造に学ぶ単電子信号伝搬の高速化)," 2014年 第75回応用物理学会秋季学術講演会, (札幌), 2014年9月.

吉田将俊, 大矢剛嗣, "カーボンナノチューブ複合糸を用いた糸トランジスタの力学的センサーへの応用検討," 2014年 第75回応用物理学会秋季学術講演会, (札幌), 2014年9月.


2014年
5月28日
研究業績を更新しました。
秋場君の論文が e-Journal of Surface Science and Nanotechnologyに採択されました!

M. Akiba, K. Yamamoto, and T. Oya, "Development of advanced artifact-metrics authentication system using carbon nanotube composite papers," e-Journal of Surface Science and Nanotechnology, (2014), in press.

2014年
5月22日
研究業績を更新しました。
文部科学省科学研究費補助金「新学術領域研究」分子アーキテクトニクス領域会議(6月12日〜6月14日)にて研究発表を行います。

大竹央将, 石村憲意*, 浅井哲也*, 大矢剛嗣, "環状単電子振動子ネットワークにおける確率共鳴," 文部科学省科学研究費補助金「新学術領域研究」分子アーキテクトニクス領域会議, (天童), 2014年6月. [* 北海道大学.]
小尾勇志, 大矢剛嗣, "単電子蟻情報処理システムの動作検証," 文部科学省科学研究費補助金「新学術領域研究」分子アーキテクトニクス領域会議, (天童), 2014年6月.

2014年
5月15日
研究業績を更新しました。
The 2014 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications (PDPTA'14) (7月21日〜7月24日)にて研究発表を行います。

H. Otake, T. Asai*, and T. Oya, "Study of Single-electron DOMINO Logic Circuit," The 2014 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications (PDPTA'14), (Las Vegas, U.S.A.), Jul., 2014. [* Hokkaido Univ.]

R. Hirashima, T. Asai*, and T. Oya, "Study of Thermal-noise-assisted Signal Propagation of Neuromorphic Single-electron Circuit," The 2014 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications (PDPTA'14), (Las Vegas, U.S.A.), Jul., 2014. [* Hokkaido Univ.]

2014年
5月12日
研究業績を更新しました。
5th International Conference on Nanotechnology: Fundamentals and Applications (ICNFA'14) (8月11日〜8月13日)にて研究発表を行います。

H. Otake, K. Ishimura*, T. Asai*, and T. Oya, "Study of Stochastic Resonance in Circular Single-Electron Oscillator Array," 5th International Conference on Nanotechnology: Fundamentals and Applications (ICNFA'14), (Prague, Czech Republic), Aug., 2014. [* Hokkaido Univ.]

2014年
4月1日
新4年生が5名配属されました!

2014年
3月24日
研究業績を更新しました。
李君の論文が e-Journal of Surface Science and Nanotechnologyに採択されました!

B. Li and T. Oya, "Fabrication of Novel Electromagnetic Shielding Sheets Using Carbon-nanotube-composite Paper," e-Journal of Surface Science and Nanotechnology, vol. 12, pp. 242-246 (2014).
DOI: 10.1380/ejssnt.2014.242

2014年
3月3日
研究業績を更新しました。
第4回分子アーキテクトニクス研究会(2014年3月11日・12日)にて研究発表を行います。

村上可諭, 黒瀧 大, 大矢剛嗣, "単電子“確率共鳴”回路の設計とゆらぎ利用能力評価," 第4回分子アーキテクトニクス研究会, (東京), 2014年3月.

藤野啓基, 大矢剛嗣, "熱雑音を利用する二次元量子ドットアレイによる信号検出," 第4回分子アーキテクトニクス研究会, (東京), 2014年3月.


大竹央将, 大矢剛嗣, "複合型単電子ドミノ論理回路とその入力のずれを調整する回路の設計," 第4回分子アーキテクトニクス研究会, (東京), 2014年3月.

小尾勇志, 大矢剛嗣, "単電子回路による蟻情報処理システム設計," 第4回分子アーキテクトニクス研究会, (東京), 2014年3月.

平島 諒, 大矢剛嗣, "熱雑音を利用する神経ネットワークに学ぶ単電子信号伝送の高速化," 第4回分子アーキテクトニクス研究会, (東京), 2014年3月.


第9回ナノテク交流シンポジウム(2014年3月7日)にて研究発表を行います。

平島 諒, 今野和樹, 大竹央将, 小尾勇志, 河村祐介, 藤野啓基, 村上可諭, 大矢剛嗣, "単電子ナチュラルコンピューテーション," 第9回ナノテク交流シンポジウム, (横浜), 2014年3月.

吉田将俊, 浜名良樹, 秋場 誠, 井口広大, 李 搏决, 辻 雅也, 吉原万莉, 大矢剛嗣, "斬新なナノカーボン複合材とその応用性," 第9回ナノテク交流シンポジウム, (横浜), 2014年3月.

2014年
2月7日
研究業績を更新しました。
藤野君の論文が JJAPに採択されました!

H. Fujino and T. Oya, "Analysis of Electron Transfer Among Quantum Dots in Two-Dimensional Quantum Dot Network," Japanese Journal of Applied Physics, vol. 53, no. 6S, pp. 06JE02_1-06JE02_5 (2014).
DOI: 10.7567/JJAP.53.06JE02

2014年
1月15日
研究業績を更新しました。
CIMTEC 2014: 6th Forum on New Materials (2014年6月15日〜20日)にて研究発表を行います。

M. Yoshida and T. Oya, "Development of carbon-nanotube-composite-thread and it's application to 'thread transistor'," CIMTEC 2014: 6th Forum on New Materials, (Montecatini Terme, Italy), Jun., 2014.

Y. Hamana, Y. Kawamura, and T. Oya, "Improvement of Performance of Paper Transistor Using Carbon-Nanotube-Composite Paper and Its Application to Logic Circuit," CIMTEC 2014: 6th Forum on New Materials, (Montecatini Terme, Italy), Jun., 2014


The 2014 IEEE International Symposium on Circuits and Systems (ISCAS 2014) (2014年6月1日〜5日)にて研究発表を行います。

Y. Obi and T. Oya, "Novel Single-Electron Information-Processing Circuits Mimicking Behavior of Ant Groups," The 2014 IEEE International Symposium on Circuits and Systems (ISCAS 2014), (Melbourne, Australia), Jun., 2014.


第61回2014年春季応用物理学関係連合講演会 (2014年3月17日〜20日開催)にて研究発表を行います。

藤野啓基, 大矢剛嗣, "単電子ネットワークを用いた熱雑音による信号検出," 2014年 第61回応用物理学会春季学術講演会, (淵野辺), 2014年3月.

秋場 誠, 大矢剛嗣, "カーボンナノチューブ複合紙による人工物メトリクス認証の高度化(2)," 2014年 第61回応用物理学会春季学術講演会, (淵野辺), 2014年3月.

大竹央将, 大矢剛嗣, "入力のズレを許容する単電子ドミノ論理回路設計," 2014年 第61回応用物理学会春季学術講演会, (淵野辺), 2014年3月.

小尾勇志, 大矢剛嗣, "アリの群行動に学ぶ単電子情報処理回路(3)," 2014年 第61回応用物理学会春季学術講演会, (淵野辺), 2014年3月.

井口広大, 杉山誠一, 大矢剛嗣, "カーボンナノチューブ複合紙と複合色素による色素増感太陽電池の開発," 2014年 第61回応用物理学会春季学術講演会, (淵野辺), 2014年3月.

李 搏决, 大矢剛嗣, "カーボンナノチューブ複合紙を用いた新電磁波シールド構造と評価(2)," 2014年 第61回応用物理学会春季学術講演会, (淵野辺), 2014年3月.

今野和樹, 大矢剛嗣, "カニの群行動に学ぶ単電子情報処理," 2014年 第61回応用物理学会春季学術講演会, (淵野辺), 2014年3月.

浜名良樹, 大矢剛嗣, "カーボンナノチューブ複合紙によるペーパートランジスタを用いた組み合わせ論理回路の作製," 2014年 第61回応用物理学会春季学術講演会, (淵野辺), 2014年3月.

平島 諒, 大矢剛嗣, "熱ノイズを利用した単電子信号伝送の速度向上," 2014年 第61回応用物理学会春季学術講演会, (淵野辺), 2014年3月.

吉田将俊, 大矢剛嗣, "カーボンナノチューブ複合糸を用いた糸トランジスタの応用展開," 2014年 第61回応用物理学会春季学術講演会, (淵野辺), 2014年3月.

 2013年
2013年
11月12日
研究業績を更新しました。
大矢准教授が分担執筆した本が出版されます。

"フィラーの配向制御技術," (S&T出版), (2013年12月18日). (第13章 を担当).
ISBN: 978-4-907002-31-2

2013年
10月22日
研究業績を更新しました。
新出君(H23年度修了生)の論文が NOLTA Journalに採択されました!

Y. Shinde and T. Oya, "Design of Single-Electron “Slime-Mold” Circuit and Its Application to Solving Optimal Path Planning Problem," Nonlinear Theory and Its Applications, IEICE, (2013), in press.

大矢准教授が分担執筆した本が出版されます。

日本表面科学会 編集, 松井文彦 担当編集幹事, "問題と解説で学ぶ表面化学," (共立出版), (2013年10月25日). (問題4.23 を担当).
ISBN: 978-4-320-03374-0

2013年
8月16日
研究業績を更新しました。
the 12th International Conference onAtomically Controlled Surfaces, Interfaces and Nanostructures (ACSIN-12) in conjunction with the 21st International Colloquium on Scanning Probe Microscopy (ICSPM21) (11月4日〜11月8日)にて研究発表を行います。
B. Li and T. Oya, "Development of Electromagnetic Shielding 'Paper' Using Carbon-Nanotube-Composite Paper," the 12th International Conference on Atomically Controlled Surfaces, Interfaces and Nanostructures (ACSIN-12) in conjunction with the 21st International Colloquium on Scanning Probe Microscopy (ICSPM21), (Tsukuba, Japan), Nov., 2013.


the 26th International Microprocesses and Nanotechnology Conference (MNC 2013) (11月5日〜11月8日)にて研究発表を行います。
H. Fujino and T. Oya, "Analysis of Electron Transfer Among Quantum Dots in Two-dimensional Quantum Dot Network," the 26th International Microprocesses and Nanotechnology Conference (MNC 2013), (Sapporo, Japan), Nov., 2013.

2013年
7月30日
研究業績を更新しました。
9th International Symposium on Atomic Level Characterizations for New Materials and Devices '13 (ALC '13) (12月2日〜12月6日)にて研究発表を行います。

M. Akiba, K. Yamamoto, and T. Oya, "Generation of complex keys by using many kinds of carbon-nanotubes contained in carbon-nanotube-composite papers for artifact metrics authentication systems," 9th International Symposium on Atomic Level Characterizations for New Materials and Devices '13 (ALC '13), (Hawaii, U.S.A.), Dec., 2013.

K. Iguchi, S. Sugiyama, and T. Oya, "Development of "Paper Dye Sensitized Solar Cell" Using Carbon-Nanotube-Composite Paper with Mixed Dyes," 9th International Symposium on Atomic Level Characterizations for New Materials and Devices '13 (ALC '13), (Hawaii, U.S.A.), Dec., 2013.

B. Li and T. Oya, "Application of Carbon-Nanotube-Composite Paper to Electromagnetic Shielding Sheets," 9th International Symposium on Atomic Level Characterizations for New Materials and Devices '13 (ALC '13), (Hawaii, U.S.A.), Dec., 2013.

2013年
6月26日
研究業績を更新しました。
the 5th International Conference on One dimensional Nanomaterials (ICON 2013) (9月23日〜9月26日)にて研究発表を行います。

M. Yoshihara, N. Tamura*, and T. Oya, "Optimization of a method for manufacturing and characterization of high-performance-charcoal-composite paper," the 5th International Conference on One dimensional Nanomaterials (ICON 2013), (Annecy, France), Sep., 2013. [* Heigen co.]

M. Akiba, K. Yamamoto, Y. Suzuki, and T. Oya, "Development of advanced artificial metrics authentication system using CNT-composite papers," the 5th International Conference on One dimensional Nanomaterials (ICON 2013), (Annecy, France), Sep., 2013.

K. Iguchi, S. Sugiyama, and T. Oya, "Development of “Paper Dye Sensitized Solar Cell” Using Carbon-Nanotube-Composite Paper and Evaluation of Its Properties," the 5th International Conference on One dimensional Nanomaterials (ICON 2013), (Annecy, France), Sep., 2013.

2013年
6月4日
研究業績を更新しました。
第74回応用物理学会秋季学術講演会 (2013年9月16日〜20日開催)にて研究発表を行います。

辻 雅也, 井口広大, 大矢剛嗣, "塗工型色素増感太陽電池用カーボンナノチューブ塗料の作製条件の最適化," 2013年 第74回応用物理学会秋季学術講演会, (京田辺), 2013年9月.

村上可諭, 大矢剛嗣, "デバイスエラーを許容する二次元単電子振動子システムの評価(2)," 2013年 第74回応用物理学会秋季学術講演会, (京田辺), 2013年9月.

吉原万莉, 田村亘弘*, 大矢剛嗣, "高性能炭による紙デバイスの応用検討," 2013年 第74回応用物理学会秋季学術講演会, (京田辺), 2013年9月. [* 平玄(株)]

秋場 誠, 大矢剛嗣, "カーボンナノチューブ複合紙による人工物メトリクス認証の高度化," 2013年 第74回応用物理学会秋季学術講演会, (京田辺), 2013年9月.

大竹央将, 栗山栄太郎, 大矢剛嗣, "単電子ドミノ論理回路におけるメモリの設計," 2013年 第74回応用物理学会秋季学術講演会, (京田辺), 2013年9月.

小尾勇志, 大矢剛嗣, "アリの群行動に学ぶ単電子情報処理回路(2)," 2013年 第74回応用物理学会秋季学術講演会, (京田辺), 2013年9月.

井口広大, 辻 雅也, 杉山誠一, 大矢剛嗣, "カーボンナノチューブ複合紙による色素増感太陽電池の開発と特性評価," 2013年 第74回応用物理学会秋季学術講演会, (京田辺), 2013年9月.

李 搏决, 伊藤我子, 樋渡寛信, 大矢剛嗣, "カーボンナノチューブ複合紙を用いた新電磁波シールド構造と評価," 2013年 第74回応用物理学会秋季学術講演会, (京田辺), 2013年9月.


2013年
4月2日
約5年ぶり(!?)に研究紹介のページを更新しました。
(最近の研究室の実態に合わせました)

2013年
4月1日
新4年生が配属されました!また、井口君と宋君が新たに加わりました!
研究室HPを移設しました。

2013年
2月21日
研究業績を更新しました。
TechConnect World 2013 - Nanotech, Microtech, Biotech, Cleantech Joint 2013 Conferences (5月12日〜5月16日)にて研究発表を行います。
大矢研 歴代最速記録更新!

B. Li, W. Ito, H. Hiwatashi and T. Oya, "New Electromagnetic Shielding Sheets Using Carbon-Nanotube-Composite Papers," TechConnect World 2013 - Nanotech, Microtech, Biotech, Cleantech Joint 2013 Conferences, (Washington D.C., U.S.A.), May., 2013.

2013年
1月4日
研究業績を更新しました。
第60回2013年春季応用物理学関係連合講演会 (2013年3月27日〜30日開催)にて研究発表を行います。(今回も大矢研所属学生全員発表!

杉山誠一, 辻 雅也, 大矢剛嗣, "色素増感型太陽電池基板としてのカーボンナノチューブ複合紙," 2013年春季応用物理学関係連合講演会, (厚木), 2013年3月.

林 俊介, 大矢剛嗣, "Collision Based Computingを適用した単電子回路設計と評価," 2013年春季応用物理学関係連合講演会, (厚木), 2013年3月.

山本一貴, 大矢剛嗣, "カーボンナノチューブ複合紙のラマンマッピングを用いた人工物メトリクス認証," 2013年春季応用物理学関係連合講演会, (厚木), 2013年3月.

河村祐介, 大矢剛嗣, "雑音エネルギーを利用する単電子ブラウン・ラチェット回路の開発," 2013年春季応用物理学関係連合講演会, (厚木), 2013年3月.

辻 雅也, 杉山誠一, 大矢剛嗣, "カーボンナノチューブ塗料を用いた塗工型色素増感太陽電池の開発," 2013年春季応用物理学関係連合講演会, (厚木), 2013年3月.

藤野啓基, 大矢剛嗣, "量子ドット単電子ネットワーク内の電子移動解析," 2013年春季応用物理学関係連合講演会, (厚木), 2013年3月.

村上可諭, 大矢剛嗣, "デバイスエラー補完二次元単電子振動子システム," 2013年春季応用物理学関係連合講演会, (厚木), 2013年3月.

吉原万莉, 田村亘弘*, 大矢剛嗣, "高性能炭複合紙の作製と電気特性評価," 2013年春季応用物理学関係連合講演会, (厚木), 2013年3月. [* 平玄(株)]

秋場 誠, 大矢剛嗣, "カーボンナノチューブ複合紙の熱的応用性の開拓," 2013年春季応用物理学関係連合講演会, (厚木), 2013年3月.

大竹央将, 栗山栄太郎, 大矢剛嗣, "単電子ドミノ論理回路の応用展開," 2013年春季応用物理学関係連合講演会, (厚木), 2013年3月.

小尾勇志, 大矢剛嗣, "アリの群行動に学ぶ単電子情報処理回路," 2013年春季応用物理学関係連合講演会, (厚木), 2013年3月.

森 亮介, 大矢剛嗣, "CNT複合糸トランジスタの作製," 2013年春季応用物理学関係連合講演会, (厚木), 2013年3月.

李 搏决, 伊藤我子, 樋渡寛信, 大矢剛嗣, "カーボンナノチューブ複合紙を用いた電磁波シールドの新構造設計と評価," 2013年春季応用物理学関係連合講演会, (厚木), 2013年3月.


 2012年
2012年
11月15日
研究業績を更新しました。
(独)日本学術振興会 シリコン超集積化システム第165委員会 第68回研究会 「ヘテロジーニアス・インテグレーション」 (2013年1月11日)にて研究発表(招待講演)を行います。

大矢剛嗣, "エマージング・デバイスのための新概念アーキテクチャとは?," (独)日本学術振興会 シリコン超集積化システム第165委員会 第68回研究会 「ヘテロジーニアス・インテグレーション」, (東京), 2013年1月, (招待講演).

2012年
11月13日
アメリカ University of Arkansas at Little Rock の Prof. Chiang 先生と学生さん5名が大矢研に訪問し、大矢研の学生を交えて2時間にわたりディスカッションを行いました!(大矢研初の研究室全体としての国際交流。写真有り。)

2012年
11月9日
第3回ボーリング大会と飲み会を開催しました!優勝は辻君。写真有り。

2012年
10月12日
研究業績を更新しました。
2012 MRS Fall Meeting & Exhibit (11月25日〜11月30日)にて研究発表を行います。

K. Yamamoto and T. Oya, "Application of Carbon-nanotube Composite Papers to Artifact-metric Systems," 2012 MRS Fall Meeting & Exhibit, (Boston, U.S.A.), Nov., 2012.

2012年
8月10日
研究業績を更新しました。
the 25th International Microprocesses and Nanotechnology Conference (MNC 2012) (10月30日〜11月2日)にて研究発表を行います。

S. Hayashi and T. Oya, "Collision based Computing for Arrayed Single-electron Oscillators," the 25th International Microprocesses and Nanotechnology Conference (MNC 2012), (Kobe, Japan), Oct., 2012.

M. Yoshihara, N. Tamura*, and T. Oya, "Development of high-performance-charcoal-composite paper and its electrical conductivity," the 25th International Microprocesses and Nanotechnology Conference (MNC 2012), (Kobe, Japan), Oct., 2012. [* Heigen Corporation]

2012年
7月2日
研究業績を更新しました。
藤塚君(H23年度修了生)の論文が Journal of Nanotechnologyに採択されました!

Y. Fujitsuka and T. Oya, "Fabrication of Aligned-Carbon-Nanotube-Composite Paper with High and Anisotropic Conductivity," Journal of Nanotechnology, (2012), in press.

2012年
6月7日
研究業績を更新しました。
2012年 秋季 第73回応用物理学会学術講演会(2012年9月11日〜14日開催)にて研究発表を行います。

杉山誠一, 辻 雅也, 大矢剛嗣, "カーボンナノチューブ複合紙の色素増感型太陽電池への導入," 2012年 秋季 第73回応用物理学会学術講演会, (松山), 2012年9月.

辻 雅也, 杉山誠一, 大矢剛嗣, "塗工型色素増感太陽電池のためのカーボンナノチューブ塗料の開発," 2012年 秋季 第73回応用物理学会学術講演会, (松山), 2012年9月.

藤野 啓基, 大矢剛嗣, "単電子ネットワークにおける電子挙動の解析," 2012年 秋季 第73回応用物理学会学術講演会, (松山), 2012年9月.

村上可諭, 大矢剛嗣, "デバイスエラー補完二次元単電子振動子システム(2)," 2012年 秋季 第73回応用物理学会学術講演会, (松山), 2012年9月.

2012年
4月10日
研究業績を更新しました。
国際会議 SPIE NanoScience + Engineering(2012年8月12日〜16日)にて研究発表を行います。

M. Tsuji and T. Oya, "Development of carbon nanotube paste for dye-sensitized solar cells," SPIE NanoScience + Engineering, (San Diego, USA), Aug., 2012.

H. Fujino and T. Oya, "Study of stochastic resonance in a huge quantum dot network," SPIE NanoScience + Engineering, (San Diego, USA), Aug., 2012.

Y. Murakami and T. Oya, "Study of two-dimensional, device-error-redundant single-electron oscillators systems," SPIE NanoScience + Engineering, (San Diego, USA), Aug., 2012.

2012年
4月1日
新4年生が配属されました!また、吉原さんが新たに加わりました!

2012年
1月20日
研究業績を更新しました。
第7回ナノテク交流シンポジウム(2012年3月2日)にて研究発表を行います。

河村祐介, 辻 雅也, 伊藤我子, 杉山誠一, 山本一貴, 樋渡寛信, 藤塚祐己, 大矢剛嗣, "カーボンナノチューブ複合紙の応用可能領域," 第7回ナノテク交流シンポジウム, (横浜), 2012年3月.

村上可諭, 栗山栄太郎, 藤野啓基, 林 俊介, 伊藤武範, 新出由弥, 大矢剛嗣, "自然・生体に学ぶ量子デバイス," 第7回ナノテク交流シンポジウム, (横浜), 2012年3月.

2012年
1月20日
研究業績を更新しました。
林君の論文が JJAP に採択されました!

S. Hayashi and T. Oya, "Collision-Based Computing Using Single-Electron Circuits," JJAP, (2012), in press

2012年
1月10日
研究業績を更新しました。
第59回2012年春季応用物理学関係連合講演会 (2012年3月15日〜18日開催)にて研究発表を行います。(大矢研所属学生全員発表!

伊藤武範, 大矢剛嗣, "多重トンネル接合導入による熱雑音駆動単電子多数決論理回路の動作限界温度向上," 2012年春季応用物理学関係連合講演会, (東京), 2012年3月.

新出由弥, 大矢剛嗣, "単電子粘菌デバイスによる経路探索手法の提案," 2012年春季応用物理学関係連合講演会, (東京), 2012年3月.

樋渡寛信, 伊藤我子, 寺島良幸*, 玉川祐基*, 渋谷昌彦*, 海野朋行*, 大矢剛嗣, "カーボンナノチューブ複合紙を用いた電磁シールドの理論解析," 2012年春季応用物理学関係連合講演会, (東京), 2012年3月. [* KJ特殊紙(株) 富士工場 研究部]
<

藤塚祐己, 大矢剛嗣, "カーボンナノチューブ複合紙構成ナノチューブの配向制御と特異的電気特性," 2012年春季応用物理学関係連合講演会, (東京), 2012年3月.

杉山誠一, 辻 雅也, 大矢剛嗣, "カーボンナノチュブ複合紙を電極に用いた色素増感型太陽池," 2012年春季応用物理学関係連合講演会, (東京), 2012年3月.

林 俊介, 大矢剛嗣, "単電子回路によるCollision Based Computing," 2012年春季応用物理学関係連合講演会, (東京), 2012年3月.

山本一貴, 大矢剛嗣, "カーボンナノチュブ複合紙を用いた人工物メトリクス認証応用," 2012年春季応用物理学関係連合講演会, (東京), 2012年3月.

伊藤我子, 樋渡寛信, 寺島良幸*, 玉川祐基*, 渋谷昌彦*, 海野朋行*, 大矢剛嗣, "カーボンナノチューブ複合紙を用いた電磁波シールド," 2012年春季応用物理学関係連合講演会, (東京), 2012年3月. [* KJ特殊紙(株) 富士工場 研究部]

河村祐介, 林 俊介, 新出由弥, 大矢剛嗣, "カーボンナノチュブ複合紙を用いた「ペーパートランジスタ」の開発," 2012年春季応用物理学関係連合講演会, (東京), 2012年3月.

栗山栄太郎, 大矢剛嗣, "再構築可能な単電子ドミノ論理デバイス," 2012年春季応用物理学関係連合講演会, (東京), 2012年3月.

辻 雅也, 杉山誠一, 大矢剛嗣, "カーボンナノチューブを用いた塗工型色素増感太陽電池の開発," 2012年春季応用物理学関係連合講演会, (東京), 2012年3月.

藤野啓基, 大矢剛嗣, "巨大単電子ネットワークにおける確率共鳴," 2012年春季応用物理学関係連合講演会, (東京), 2012年3月.

村上可諭, 大矢剛嗣, "デバイスエラー補完二次元単電子振動子システム," 2012年春季応用物理学関係連合講演会, (東京), 2012年3月.

 2011年
2011年
10月20日
研究業績を更新しました。
4th International Conference "Smart Materials, Structures and Systems" (CIMTEC 2012) (2012年6月10日〜14日)にて研究発表を行います。(大矢研 歴代最速!

Y. Kawamura, S. Hayashi, Y. Shinde and T. Oya, "Development of 'Paper Transistor' using carbon-nanotube-composite papers," 4th International Conference "Smart Materials, Structures and Systems" (CIMTEC 2012), (Montecatini Terme, Italy), Jun., 2012.

2011年
10月11日
研究業績を更新しました。
International Symposium on Surface Science (ISSS-6) (2011年12月11日〜15日)にて研究発表を行います。

Y. Fujitsuka and T. Oya, "Fabrication of Aligned-CNT-Composite-Paper and Its Unique Conductive Property," International Symposium on Surface Science (ISSS-6), (Tokyo, Japan), Dec., 2011.

S. Sugiyama and T. Oya, "Application of carbon nanotube composite paper to dye-sensitized solar cells," International Symposium on Surface Science (ISSS-6), (Tokyo, Japan), Dec., 2011.

K. Yamamoto and T. Oya, "Artifact-Metric Authentication System Using Carbon-Nanotube-Composite Paper," International Symposium on Surface Science (ISSS-6), (Tokyo, Japan), Oct., 2011.

2011年
10月4日
研究業績を更新しました。
International Conference on Applied and Theoretical Information Systems Research (ATISR2012) (2012年2月10日〜12日)にて研究発表を行います。

K. Yamamoto, Y. Suzuki and T. Oya, "Artifact-metric authentication system using carbon-nanotube-composite papers," International Conference on Applied and Theoretical Information Systems Research (ATISR2012), (Taipei, Taiwan), Feb., 2012.

2011年
8月25日
研究業績を更新しました。
the 24th International Microprocesses and Nanotechnology Conference (MNC 2011) (10月24日〜27日)にて研究発表を行います。

S. Hayashi and T. Oya, "Collision based Computing using Single-electron Circuits," the 24th International Microprocesses and Nanotechnology Conference (MNC 2011), (Kyoto, Japan), Oct., 2011.

2011年
6月14日
研究業績を更新しました。
大矢准教授の論文が IEEE Transactions on Nanotechnology に採択されました。

T. Oya, "Thermal-Noise-Exploiting Operations of Single-Electron Majority Logic Circuits with Conventional Clock Signals," IEEE Transactions on Nanotechnology, (2011), in press

8月29日〜9月2日開催の応用物理学会にて研究発表を行います。

伊藤武範, 大矢剛嗣, "パラメータ最適化による熱雑音駆動単電子多数決論理回路の動作限界温度向上," 2011年秋季応用物理学会講演大会, (山形), 2011年8月.

杉山誠一, 大矢剛嗣, "カーボンナノチューブ複合紙の色素増感型太陽電池への応用," 2011年秋季応用物理学会講演大会, (山形), 2011年8月.

伊藤我子, 樋渡寛信, 寺島良幸*, 渋谷昌彦*, 海野朋行*, 大矢剛嗣, "カーボンナノチューブ複合紙を用いた電磁波シールド," 2011年秋季応用物理学会講演大会, (山形), 2011年8月. [* (株)興人 富士工場]

2011年
4月13日
改修工事の終了した電情棟に戻りました!

2011年
4月1日
新4年生が配属されました!

2011年
3月16日
研究業績を更新しました。
北海道大学,スイス連邦工科大学グループとの共著論文がFluctuation and Noise Lettersに採択されました!

T. Oya, A. Schmid, T. Asai, and A. Utagawa, "Stochastic resonance in a ballanced pair of single-electron boxes," Fluctuation and Noise Letters, (2011), in press.

2011年
1月20日
研究業績を更新しました。
3月24日〜3月27日開催の応用物理学会にて研究発表を行います。

大矢剛嗣, "確立共鳴に学ぶ単電子情報処理システムの構築," 2011年春季応用物理学会講演大会(シンポジウム講演), (厚木), 2011年3月.

黒瀧大, 大矢剛嗣, "熱雑音下における単電子確立共鳴回路の新規手法による出力特性評価," 2011年春季応用物理学会講演大会, (厚木), 2011年3月.


伊藤武範, 大矢剛嗣, "熱雑音駆動単電子多数決論理回路の最適化," 2011年春季応用物理学会講演大会, (厚木), 2011年3月.

藤塚祐己, 大矢剛嗣, "カーボンナノチューブの配向制御と紙面上への導入方法," 2011年春季応用物理学会講演大会, (厚木), 2011年3月.

杉山誠一, 大矢剛嗣, "カーボンナノチューブ複合紙を用いた色素増感型太陽電池," 2011年春季応用物理学会講演大会, (厚木), 2011年3月.

鈴木佑哉, 大矢剛嗣, "カーボンナノチューブ複合紙による人工物メトリクス認証応用," 2011年春季応用物理学会講演大会, (厚木), 2011年3月.

林俊介, 大矢剛嗣, "カーボンナノチューブ複合紙によるペーパートランジスタの作製," 2011年春季応用物理学会講演大会, (厚木), 2011年3月.

3月4日開催のナノテク交流シンポジウムにて研究発表を行います。

林俊介, 伊藤我子, 藤塚祐己, 鈴木佑哉, 杉山誠一, 樋渡寛信, 秋田洸平, 大矢剛嗣, "カーボンナノチューブ複合紙の応用展開," 第6回ナノテク交流シンポジウム, (横浜市大), 2011年3月.

 2010年
2010年
10月13日
研究業績を更新しました。
日刊工業新聞に研究紹介,研究室紹介の各記事が掲載されました!
(大矢研初のマスメディア紹介!)

日刊工業新聞 2010年10月5日号,“The 研究室.”

日刊工業新聞 2010年9月28日号,研究紹介記事.

2010年
9月11日
研究業績を更新しました。
Nanoelectronics Days 2010 (ND 2010) (10月4日〜7日)にて研究発表を行います。
学生の『海外』国際会議発表としては大矢研初!

T. Oya, "Study of Stochastic Resonance in a Balanced Pair of Single-Electron Boxes," Nanoelectronics Days 2010 (ND 2010), (Germany), Oct., 2010.

T. Ito and T. Oya, "Thermal-Noise-Driven Single-Electron Majority-Logic Circuits," Nanoelectronics Days 2010 (ND 2010), (Germany), Oct., 2010.

Y. Shinde and T. Oya, "Construction of single-electron “Slime Mold” Device," Nanoelectronics Days 2010 (ND 2010), (Germany), Oct., 2010.

2010年
8月18日
電子情報工学科棟の耐震補強工事開始に先立ち、教官室,研究室をそれぞれ情報処理教室202室,教育人間科学部講義棟7号館209室へと移転しました。

2010年
6月13日
研究業績を更新しました。
9月14日〜9月17日開催の応用物理学会にて研究発表を行います。

大矢剛嗣, "単電子箱対回路における確率共鳴現象," 2010年秋季応用物理学会講演大会, (長崎), 2010年9月.

黒瀧大, 大矢剛嗣, "単電子確率共鳴回路の熱耐性評価," 2010年秋季応用物理学会講演大会, (長崎), 2010年9月.


伊藤武範, 大矢剛嗣, "熱雑音を利用する単電子多数決論理回路," 2010年秋季応用物理学会講演大会, (長崎), 2010年9月.

新出由弥, 大矢剛嗣, "単電子粘菌デバイスの創生," 2010年秋季応用物理学会講演大会, (長崎), 2010年9月.

藤塚祐己, 大矢剛嗣, "複合紙中カーボンナノチューブの配向制御手法の検討," 2010年春季応用物理学会講演大会, (長崎), 2010年9月.

2010年
5月30日
メンバーページ,現在の研究グループ,写真館など更新しました。

2010年
5月28日
4研輪講(大矢研,荻野研,羽路研,荒川研)を行いました。
発表者は各研究室D2とM2。議論が白熱しました。

2010年
5月14日
第1回(?) 大矢研ボーリング大会を行いました!
(まさかの大矢教官優勝)

2010年
4月16日
新4年生を迎えて歓迎会を行いました!

2010年
4月13日
新4年生が配属されました!

2010年
4月1日
・大矢研が創設から3年目に突入しました!
・大矢教官が講師から准教授に昇格しました!

2010年1月 大矢研としてはじめて研究室旅行に行きました!

2010年
1月22日
研究業績を更新しました。
3月17日〜3月20日開催の応用物理学会にて研究発表を行います。

大矢剛嗣, "熱雑音耐性を持つ単電子多数決論理素子の数値的考察," 2010年春季応用物理学会講演大会, (平塚), 2010年3月.

黒瀧大, 大矢剛嗣, "熱耐性を持つ単電子回路による二次元情報処理デバイス," 2010年春季応用物理学会講演大会, (平塚), 2010年3月.


渡部慶介, 近江佑太, 大矢剛嗣, "カーボンナノチューブ和紙による人工物メトリクス認証(3)," 2010年春季応用物理学会講演大会, (平塚), 2010年3月.

藤塚祐己, 近江佑太, 大矢剛嗣, "カーボンナノチューブ複合紙の熱応答," 2010年春季応用物理学会講演大会, (平塚), 2010年3月.

西倉慶悟, 大矢剛嗣, "金属錯体溶液による基板上への特徴的構造形成," 2010年春季応用物理学会講演大会, (平塚), 2010年3月.

3月6日開催のナノテク交流シンポジウムにて研究発表を行います。

新出由弥, 近江佑太, 藤塚祐己, 渡部慶介, 大矢剛嗣, "機能的カーボンナノチューブ複合紙の開発," 第5回ナノテク交流シンポジウム, (横浜市大), 2010年3月.

 2009年
2009年9月15日 研究業績を更新しました。
2009 International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems (ISPACS 2009) (12月7日〜9日)にて研究発表を行います。

T. Oya, "Noise-Supported Operations of Neuromorphic Single-Electron Circuits," 2009 International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems (ISPACS 2009), (Kanazawa), Dec., 2009.

2009年8月7日 研究業績を更新しました。
22nd International Microprocesses and Nanotechnology Conference (MNC 2009) (11月16日〜19日)にて研究発表を行います。
学生の国際会議発表としては大矢研初!

D. Kurotaki and T. Oya, "Noise Redundancy of A Single-Electron Depressing-Synapse Network," 22nd International Microprocesses and Nanotechnology Conference (MNC 2009), (Sapporo), Nov., 2009.

2009年6月12日 研究業績を更新しました。
9月8日〜9月11日開催の応用物理学会にて研究発表を行います。

黒瀧大, 大矢剛嗣, "単電子減衰シナプス回路による情報処理デバイス応用にむけた数値的考察," 2009年秋季応用物理学会講演大会, (富山), 2009年9月.
渡部慶介, 大矢剛嗣, "カーボンナノチューブ和紙による人工物メトリクス認証(2)," 2009年秋季応用物理学会講演大会, (富山), 2009年9月.
大矢剛嗣, "クロック信号補助に熱雑音を利用する単電子多数決論理素子の数値的解析," 2009年秋季応用物理学会講演大会, (富山), 2009年9月.

2009年5月21日 卒研テーマの決定に伴い、HPを更新しました。

2009年4月14日 新しい仲間が加わりました!

2009年3月6日 研究業績を更新しました。
3月6日開催の第4回ナノテク交流シンポジウムにて研究発表を行います。

黒瀧大, 大矢剛嗣, "単層カーボンナノチューブによる藻類成長への影響," 第4回ナノテク交流シンポジウム, (横浜国大), 2009年3月.
照井諭, 渡部慶介, 大矢剛嗣, "カーボンナノチューブ複合紙の応用展開," 第4回ナノテク交流シンポジウム, (横浜国大), 2009年3月.

2009年2月26日 研究業績を更新しました。
大矢講師の論文がe-Journal of Surface Science and Nanotechnologyに採択されました!

T. Oya, "Fabricating Carbon Nanotube Network with Different Growth Density on Distinctive Fissure Structure Formed by Dried Ferroin Solution," e-Journal of Surface Science and Nanotechnology, (2009), in press.

2009年1月15日 研究業績を更新しました。
3月28日〜4月2日開催の応用物理学会にて研究発表を行います。
学生の学会発表としては大矢研初!

黒瀧大, 磯野俊成, 荻野俊郎, 大矢剛嗣, "単層カーボンナノチューブの藻類成長への影響," 2009年春季応用物理学会講演大会, (筑波), 2009年3月.
照井諭, 大矢剛嗣, "カーボンナノチューブ和紙によるコンデンサ作製," 2009年春季応用物理学会講演大会, (筑波), 2009年3月.

渡部慶介, 大矢剛嗣, "カーボンナノチューブ和紙による人工物メトリクス認証," 2009年春季応用物理学会講演大会, (筑波), 2009年3月.

新規ページを追加しました。
 「現在の学生研究グループ?」です。
 (業績ページとメンバーページから辿れるようにしてあります)
 グループといっても現時点では一人ずつしかいないので本当はグループではないですが…
 研究室選びの参考にでもしていただければ…

2009年1月8日 研究業績を更新しました。

渡部君の論文がJJAPに採択されました!(大矢研としては第1号!

K. Watanabe and T. Oya. "Application of Carbon-Nanotube-Composite Japanese Washi Paper to Authentication Systems," JJAP, (2009), in press.

 2008年
2008年10月30日 研究業績を更新しました。
21st International Microprocesses and Nanotechnology Conference(10月27日〜30日開催)において大矢講師がMost Impressive Poster Awardを受賞しました!

T. Oya, "Authentication with Artifact-Metric System using Carbon-Nanotube- Composite Japanese Washi Paper," MNC2008 Award for Most Impressive Poster, Oct., 2008.

北海道大学,スイス連邦工科大学グループとの共著論文がInternational Journal of Nanotechnology and Molecular Computationに採択されました!

A.K. Kikombo , T. Asai, T. Oya, A. Schmid, Y. Leblebici, and Y. Amemiya, "A neuromorphic single-electron circuit for noise-shaping pulse-density modulation," International Journal of Nanotechnology and Molecular Computation, vol. 1, no. 2, (2009), in press.

2008年9月9日 研究業績を更新しました。
T. Asai and T. Oya, "Nature-inspired single-electron circuits," Artificial Life Models in Hardware, A. Adamatzky and M. Komosinski, Eds., Springer, in press.

2008年8月11日 研究業績を更新しました。
21st International Microprocesses and Nanotechnology Conference(10月27日〜30日開催)において研究発表を行います。

T. Oya, "Authentication with Artifact-Metric System using Carbon-Nanotube- Composite Japanese Washi Paper," 21st International Microprocesses and Nanotechnology Conference (MNC 2008), (Fukuoka), Oct., 2008.

荻野研 高西君が2008 International Conference on Solid State Devices and Materials (SSDM2008)(9月24日〜28日開催)において研究発表を行います(大矢 共著)。

K. Takanishi, T. Isono, T. Oya, and T. Ogino, "Fabrication of Carbon Nanotube Films for Electric Packaging," 2008 International Conference on Solid State Devices and Materials (SSDM2008), (Tsukuba), Sep., 2008

2008年8月5日 写真館を更新しました。(4研究室合同輪講での発表の様子)
2008年8月1日に4研究室合同輪講が行われB4全員が発表しました。内輪の会ではありますが、大矢研としては初の発表会です。

2008年7月17日 研究業績を更新しました。
ナノテクノロジーシンポジウム2008(8月27日開催)において研究発表を行います。

大矢剛嗣, "カーボンナノチューブ複合和紙の作製と応用," ナノテクノロジーシンポジウム2008, (横浜), 2008年, 8月.

2008年5月30日 卒研配属生(学部4年生)の研究テーマが決定しました。
それに伴い大矢研ホームページを少々リニューアルしました。

2008年5月 荻野研 塚本君が投稿した論文(大矢 共著)がe-Journal of Surface and Nanotechnologyに採択されました!

2008年4月11日 大矢研 第一期生(4年生)が3人配属されました。
突貫工事(?)で作ったホームページを新しいものに更新しました。

2008年4月1日 大矢研誕生!
大矢研の(突貫工事で作った)ホームページが公開されました。

Copyright (C) 2008 Oya Laboratory. All rights reserved.
If you have comment or suggestion, send e-mail to t-oya[at]ynu.ac.jp.